株で失敗してしまう人の特徴

株で成功することが出来る人は一握りであるといえます。全体のうちの大部分の利益を得ることが出来るのはその一部の人です。
これはパレート法則に当てはめることができます。
パレート法則とはイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートにより発見された統計モデルです。80:20の法則とも呼ばれます。

パレート法則を株の世界に当てはめてみると腑に落ちる点がある方も多いのではないでしょうか。
「株式市場で得られる利益は20%の人に稼がれる」あるいは、「利益を生み出す商品(銘柄)は全体の20%である」、「有益な情報は20%ほどしかない」など統計的なはっきりした数字は得られませんが無視できないものがあります。

株を売買する人の80%は利益を得ることが出来ないとすると残りの20%にあたる成功者との違いに学ぶことは有益です。
それぞれに売買のパターンや目的が異なりますが比較的わかりやすい相違点が存在します。

先ず、株で失敗する人は資金管理が出来ない場合が多いと言えます。
生活に必要なお金や、借金などをして得た資金などで株取引をすると心の余裕もなく肝心な局面で正しい行動を起こすことが出来にくいものです。
買い時に資金が枯渇していたり、資金がショートして本意ではない損切りをしたりと思うようにいきません。
成功者は余裕資金を使用してうまく資金管理をします。株の買いタイミングに余裕の資金で買えます。

また、方向性が間違っている時は資金を減らさないように適切なタイミングでロスカットをします。
適切なロスカットは資金管理の上で重要で、株を長く売買し続けるためには必要なスキルです。

また、株で失敗する人は他人の意見や氾濫する経済ニュースなどに左右されやすいと言えます。
それにより買った株を損切りしたり買い時を見逃しても自己責任という自覚がなく他人やニュースのせいにします。
マインドが低く勉強もおろそかになります。成功する人は時間をかけて勉強し、自分の判断で売買タイミングをはかることが出来ます。

株で成功する人は投資目的が明確である

株の売買をしようとする方はそれぞれに目的がありますがその目的に合った資金活用方法といえるかは疑問です。
今まで貯金しかしたことがない株の初心者がいきなりハイリスクハイリターンの株式売買で住宅の購入を考えようとすることは無謀だといえます。
少し小遣いが欲しいから始めるというのも、リスクをとってまで行う運用方法とはいえません。

株は簡単に始めることが出来ますが、パレート法則にみるように簡単に誰でもすぐに利益が生み出せるものではありません。
運よく初心者が利益を得ることが出来ても戦略や経験がないままで継続して利益を積み上げることは難しいと言えます。

株の成功者は余裕資金をうまく管理しており、マインドも持続することができます。毎日コツコツ経験と知識を蓄積しています。
また、投資目的も明確で、余裕資金を運用し毎年15%~20%の利益を得るなど実現可能な目標を設定したりします。
投資目的が明確だとそれを達成するためのリサーチや銘柄の研究方法も漠然としたものから絞り込むことができます。
情報を選別し有益なものをチョイスすることが可能になってきます。
一旦資金を投下しても思う値動きをしなくなった場合はうまいタイミングで利益確定や損切が出来ます。

株で成功する人は物理的にも精神的にも「余裕のある人」です。逆に失敗する人は「余裕のない人です」。
余裕のある人は人の意見をうのみにしたり、肝心な局面で適切な対応が出来ます。
また、あきらめない気持ちを持続し勉強し続けるという真摯な態度で株と向き合えます。
投資目的を明確にし、それに見合う資金を貯め、勉強し、絶好のタイミングまで待つ余裕がパレート法則における20%の株で成功する人の特徴です。